ABOUT

カッコよく着こなそう
カッコよく着こなそう

知らないとかっこ悪いかも。
スーツの着こなし方

ビジネスシーンにおいて着用することの多いスタイルがスーツです。折角身体にフィットした上質でおしゃれなスーツを購入しても、その着こなし方がイマイチだと魅力も半減し、残念な印象になってしまいます。華麗で格好よく見せる為に、スーツの着こなし方にもいくつかのポイントがあります。

ジャケットのボタン

先ず、スーツのジャケットのボタンは1つ掛けが基本であるという点です。2ボタンの場合は上のボタンのみを留め、段返りの3ボタンの場合は真ん中のボタンを留めるのがルールです。すべてのボタンを留めるのが正式なイメージがありますが、それは間違った着こなし方なので気を付けましょう。また椅子に座る場合は、すべてのボタンを外すのが正しい着こなしで、決して失礼にはなりません。

シャツ

次に合わせるドレスシャツに関してですが、レギュラーやワイドカラーがスーツを綺麗に見せるシャツであると言えます。ボタンダウンのシャツはカジュアル向きのシャツでありあまりお勧め出来ません。
またドレスシャツは元来下着から発達したという歴史があるもので、ジャケットを着用が義務とされることもあったことから、ドレスシャツは素肌の着用するのが正式とされています。ですが、やはりアンダーシャツを着用する場合は、色やベージュのクルーネックやVネックのものを選びましょう。色柄やプリントTシャツはご法度となります。

ネクタイ

ネクタイに関しては、スーツと同じブランドのものを選ぶと失敗がなく良いでしょう。ジャケットのラペル巾とネクタイの大剣巾が同じであるととてもバランスよく見えます。またベルトのバックルにネクタイの剣先がくる程度の長さが、非常に美しく見える長さです。

ポケット

スーツのポケットは物を入れるとシルエットが崩れてしまう為、飾りであると考え、特に外側のポケットには何も入れないのが基本です。すぐに取り出せるという利便性から腰ポケットに携帯やメモ帳などを入れてしまいがちですが、こうするとポケットが膨らんで格好よい着こなし方だとは言えません。胸ポケットにはチーフ、スラックスのヒップポケットにはハンカチ程度を入れるのが良いでしょう。

ベルトと足元

スーツに合わせるベルトと靴の色は同じにすることが基本中の基本です。出来るなら同じ素材のものを選ぶとより締まった印象を与えます。ベルトは真ん中の穴で留めるのが正解で、それ以外は飾り程度と考えて良いでしょう。
最後にソックスですが、スーツか靴の色に合わせたものを選びましょう。ソックスの長さは椅子に座ってもスネが見えない長さのものを選ぶのが正式です。
こうしたポイントを押さえて、スーツを素敵に完璧に着こなしたいものです。

favorite site

オフィスデザインはモチベーションを上げる助けに
おしゃれなオフィスは社員のモチベーションの向上にも

オリジナルのポロシャツが欲しい
イメージをかたちに出来なくてもデザインスタッフがお手伝いします

〈ベンチャーサポート税理士法人〉で会計事務所の求人あります
不慣れなうちは先輩からのサポートもあるので、スキルアップが期待できます

klasse14の腕時計は正規販売店で
《Select one》なら忙しくてもオンラインで購入可能

2017年の最新SEO対策テクニックを公開!
2017年の最新のSEO対策テクニックを公開しています。

知らないとかっこ悪いかもしれないコツとマナーを伝授します