女性のスーツの着こなし方

働く女性は着ることの多い「スーツ」
冠婚葬祭や受付業務を任された時などなど急に着る機会は訪れます。
ビシっと着こなせたらカッコイイですよね。
サイズフィッティングのポイントやディティール、パンツ・カラーの選び方による印象の違いなどをふまえて自分に合ったレディーススーツを見つけていきましょう。

■サイズフィッティング

・ジャケット

・テーラードジャケット
男性の背広の様なかっちりとしたジャケットです。基本のデザインです。
・ノーカラージャケット
襟のないタイプなので胸元がすっきりと見えます。エレガントな雰囲気を作りたいとき、ビジネス以外で使える点でも人気のデザインです。
・Ⅴカラージャケット
テーラードジャケットから襟をなくしたデザインです。最近のトレンドになっています。

肩幅、胸、腰回り、袖丈、着丈を確認しフィットするサイズを選ぶことが大切です。

・ディティール

・1つボタン
ボタン位置が、2つボタンよりも下がるためウエストまわりが細めのシルエットになります。
・2つボタン
基本のスタイルなのでフォーマル、ビジネスどんな場面でも最適です。
・両玉縁ポケット
フォーマルな形状なので使いやすく伝統あるデザインです。ポケットの上下がパイピング(バイアステープで布端がほつれないようにくるまれている)されているのが特徴です。
・フラップポケット
ポケットの上部に布が覆いかぶさったデザインです。ホコリや雨から守るためにつけられています。室内にいる時はフラップを中に入れるというのが一般的なマナーです。

・パンツ

・フルレングスパンツ
もっともベーシックなスタイルです。足のラインがすっきりとした印象になります。
丈はヒールに多少かかる程度の長さに揃えるとよりきれいになります。
・テーパードパンツ
足首がちらっとのぞく長さのことをいいます。裾に向かって細くなっていくものが多く、アンクルが見えることにより女性らしさがアップし爽やかな印象になります。
・ワイドパンツ
旬のアイテムです。足のラインが出ないため、体形カバーには一番おすすめ。
スーツの時はハンサムに着こなせるパンツスタイルがおすすめです。動きやすい点でも利点です。

実際に着用する靴やヒールの高さに合わせて選ぶとよりスタイルが良く見えるでしょう。

・カラー

・ブラック
きちんとした感じを出したいときの基本のカラー。面接や会議、大勢の方の前で話すとき、失敗のないカラーです。カジュアルな場面では堅苦しい印象になるかもしれません。
・ネイビー
若々しく明るい印象になります。中に着るインナーとの相性も抜群なので着回しがききます。明るいネイビーと暗いネイビーで2色使いされる方も多くいます。
・グレー
大人っぽく決めたいシーンに最適です。華やかではっきりとしたイメージに仕上がります。

様々な種類があるレディーススーツです。試着を重ね自分に合ったスーツを見つけると長く愛用できると思います。

ぜひスーツスタイルを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*