gmomini のすべての投稿

NGなことって?

あなたは正しいスーツの着こなし方を知っていますか?
就活生や新社会人の時にしっかり学ぶ人が殆どでしょうが、それ以外の人も、この機会に正しいスーツの着こなし方を再確認しておきましょう。
まず、ジャケットの腰ポケットに物を入れるのはNGです。せっかくのスーツのシルエットが台無しになってしまいますので気をつけましょう。ジャケットの袖からシャツの袖が見えないのもNGです。シャツの袖が1~2cm出るように、ジャケットを購入する際、シャツを購入する際は気をつけましょう。また、靴下の色はスーツの色に合わせるのが基本です。ネクタイの先端がベルトを下回る位置にあったり、ベルトよりも上の位置にあったりするのはNGです。ベルトにかかるくらいの長さに調節して結びましょう。
この他にもスタイルや格好を良く見せるためにおさえておくべきポイントはたくさんありますので、この機会に学びなおしてみてはいかがでしょうか?

体型が少し変わったら

ビジネスマンにスーツは欠かせません。スーツを着用するときには、注意すべき点があります。それは、体型に合ったものを着用するということです。

着こなし方をマスターしたい場合は、きちんとしたサイズを見つけることが大事です。そのため、太ったりして体型が少し変わったら、スーツも新しくそろえる必要があります。

少し体型が変わるだけで、見た目は変わります。似合わないままのサイズの服を着用していると、見た目がよくありません。窮屈そうに見えてしまい、相手に良い印象を与えません。また、見た目だけでなく、動きにくいといった問題も起こります。仕事をするときに、動きにくいと仕事に集中をすることができません。そうなると仕事の生産率も下がり、悪循環が起きます。

このような問題を回避するためにも、太った場合は、サイズを変更する必要があります。太ったときだけではなく、痩せたときにも同じことが言えます。きちんとしたサイズを着用するのが、正しい着こなし方です。

スーツを着る機会が少なくて

近年、日本国内ではスーツをあまり着る機会が少ない仕事に就いている人が増加しています。特に飲食店や工場、ショッピングセンターなどで働いている人の場合には普段着を仕事着として活用することができるために、数年間もスーツを着たことが無い人がほとんどであるといわれています。

ただし、親族や友人などの結婚式や葬儀に参加する場合には正装の着こなし方が重要となってくるために、日ごろからある程度の知識を身につけることが求められています。社会人としてのビジネスマナーについては職種によって軽視されがちになってしまうことが少なくありません。

最近では普段からスーツを着用する帰化が多い職業に就いている人にとっても着こなし方に自信がない人も増加しています。インターネットサイトや書籍などには一般的なスーツの着こなし方についての情報が取り上げられているために、人前で恥をかくことが嫌な場合にはあらゆる手段を用いて着こなしをマスターする必要があります。

◆favorite site

コツコツ極めよう!初心者のためのゴルフレッスン!

ビシッと決めてみたい

昨今、スーツの着こなし方にこだわりを持っている男性が増加しています。

かつてはサラリーマンとしてオフィスで働いていた人がほとんどでしたが、第三次産業が発達している現代においては職場内でのドレスコードが規定されていない職業に就いている人が増えています。

そうした中、友人の結婚式などで服装について恥をかいてしまったという人が目立っています。スーツをビシッと着こなすためにはある程度の知識が必要となるために、突然スーツを着ることになった場合には事前に予習をすることが欠かせません。また、同時にネクタイの締め方などについても個人差が大きいとされており、誤った装着法が身についている人もとても大勢いるといわれています。

インターネット上の口コミサイトや掲示板などではスーツの着こなし方についての意見交換が活発に行われており、社会人にとっては大きな関心ごとのひとつとして、将来的にも非常に重要なテーマとなるとみられています。

◆favorite site

おすすめドイツ車特集

leg-wear

足元も気にしないと変になる

一般の企業で働くビジネスマンにとってビジネススーツは必需品です。
街を歩いていて颯爽と歩くビジネスマンを見るとそれだけでも仕事ができる人と思われ憧れの対象ともなりますし、洗練された大人であると同時に信用に値する人物と思われる可能性がある為、たかがスーツですがそれだけのインパクトを与える事が出来るある種特殊な服装がスーツの特徴でもあります。

但し、そういったスーツを着るに当たりそれなりに服装を着る作法というものがあります。
同じ服を着ていても着る人間の品位やその人の着こなし方によっては折角の服装も台無しになってしまいますし、如何に着こなし方が良くても着る人間が中身がスカスカな軽佻浮薄とみなされ誰も見向きもされなくなってしまいますから注意が必要です。

更に大事なことがあります。
スーツなど服装に気を使う人は数多くいるにも関わらず、足元には結構不注意な人が意外と多いのです。足元といっても靴だけではなく当然靴下も足元の範囲に入ります。
社会人になった場合、例えば会社に通勤する場合は白い靴下は基本的には止めたほうが良いとされているにも関わらず背広に誰が見てもバランスが合っていない靴下やタイツを平気で着用していたり、向こう脛がモロに見えているような短い靴下を履いていたりインナーを平気で着ていたり、ロクに磨いてもいないビジネスシューズや靴を履いていたりするのは本当に格好が悪く、折角のビジネススーツも台無しですし良い印象を持たれようとしていた人にも悪印象しか残らない羽目にもなります。

諺で「足元を見られる」という言葉がありますが、足周辺にも気を配っていない社会人ははっきり言って失格です。何故なら、人間の目線は必ず上から下、下から上へ行くものですから必ず足周辺は見られるものなのです。
その為、いつもとは言いませんが、ビジネスシューズや仕事で使用する靴はいつもきれいに磨いておく事で好感度を上げるように努力しましょう。

care

手入れは毎日するもの?

春から社会人や大学生となりスーツを着る機会が増えた方もいらっしゃると思います。そこで知らないと困るスーツの着こなし方と手入れ方法についてお話しします。

普段着の洋服と違って、手入れを怠ると虫に食われたり、皺が取れなくなったりしてあっという間に台無しになってしまいます。そうならならないためにも手入れと着こなし方のポイントを両方押さえておきましょう。

まずスーツの着こなし方についてですが、自分の体格に合ったスーツを選びましょう。例えば、厚みのあるがっしりとした体格であれば、肩幅が少しゆったりしたものか、ウエストの締りがあまりない形がきれいに着こなせます。またジャケットとパンツそれぞれのサイズを確認することも大事です。
例えばパンツについては、丈が合っていないと足が短く見えてしまうこともあります。パンツを選ぶときの理想は「靴の甲に裾がかかった時に、軽くくぼむような長さ」と言われています。
またボタンの留め方にもボタンの数によって留め方が異なります。例えば2つボタンですと上だけとめて、下は留めないのが基本です。

そして手入れはどのようにするのかということですが、クリーニングや洗濯などはワンシーズンに1回ぐらいが目安ですが、より長持ちさせる毎日の手入れ方法がいくつかあります。
まずスーツ全体にブラッシングしましょう。目に見えない埃や、ゴミなどが溜まると虫食いの原因にもなります。毛の流れに逆らってブラシをかけ、汚れを掻き出すようにします。そしてそのようにして出てきた埃を落とすように毛の流れに沿ってブラッシングするのが基本的なやり方です。

またスーツは一日着たら休ませるようにしましょう。これも長持ちさせる秘訣の一つです。スーツに使われる代表的な素材は「ウール」です。この素材は湿気を吸収しやすいため、一日着たら、厚手のハンガーに掛けて湿気を発散させるようにしましょう。

またポケットなどにハンカチなどの物を入れたままにしておくと型崩れの原因になるので、着用後は必ずポケットから物を取り出すようにします。

こうした毎日のちょっとした手入れで風合いと長持ち度が変わってきます。ビジネスパーソンのユニフォームというべきスーツを大事にしていきましょう。

size

スーツのサイズ感は?

ビジネスシーンで必須になる衣類として挙げられるのがスーツです。
ビジネスの際の正装とも言える存在ですが、ただ単にスーツを着用していれば良いという訳ではありません。大切なのはしっかりと着こなせているかどうかという事ですし、着こなし方ができていないとせっかくのスーツ姿もイマイチの仕上がりになってしまいます。
着こなし方のポイントとして最も大切と言えるのがサイズ感です。サイズが合わないスーツというのはだらしなく見えてしまいますので、購入する際にはしっかりとサイズのチェックを行ってみる事が大切と言えます。

では、どういった部分のサイズに着目しながら選ぶようにすれば良いのかと言いますと、まず大切なのが肩幅です。肩幅が合っているかどうかによって見た目が大きく違ってきますので、試着をした際には肩幅がフィットしているのかという事をチェックしてみる必要があります。
また、肩幅の合っていない場合ですと着心地が良くありませんし、動く際の支障にもなってしまいます。その為、動き難いという時には肩幅が合っていない可能性があります。
反対にフィットするサイズですと動きの支障になる事がありませんし、ジャケットの重さが肩に乗りますので軽い着心地になります。

袖丈のサイズ感も重要なポイントになります。
袖丈は立った時に中に着用しているワイシャツの袖口が1センチから2センチ弱程度見える位のサイズ感が適切です。着用した際に親指の付け根のやや上に袖口がくる位が一つの目安になります。
長過ぎても短過ぎても見た目が大分変わってきますので、細心の注意を払いながら選ぶ事が大切です。

スーツ選びの際にはジャケットだけでなく、パンツ選びも重要になりますが、パンツは基本的に歩いた時に靴下が見えない位の長さにする事が大切です。通常のビジネススーツの場合ですと、靴下が見える状態はあまり見た目が良くありませんので、パンツの試着の際には意識してチェックしてみる必要があります。

basic

スーツを日常的に着るなら知っておく事

日常的にスーツを着る人は多いものですし、会社のファッションとしてスーツを着ることも多いでしょう。毎日着る人ならぜひ気をつけてほしいことがいくつかあります。

ひとつは、スーツのサイズです。スーツのサイズと言っても、この場合はジャケットとボトムスに限らず、例えば中に着るワイシャツやブラウスのサイズも大事です。多きすぎてブカブカになるのも不格好ですし、小さすぎるのも問題です。

着こなし方は、小物とシャツの色を複数揃えるといいでしょう。ネクタイも数本、ワイシャツも色違いで数着あると、何かと便利になるものです。最近ではカフスボタンなどでおしゃれを楽しむ人もいますが、日常的におしゃれを楽しむのであればあると便利でしょう。ただし、基本的なおしゃれのやり方であれば、ネクタイとワイシャツでしょう。女性の場合はブラウスからアンダーウェアが透けないようにするのが、最低限の着こなしです。春先などは薄い色のブラウスがすけてみっともなくなっていることもありますから、インナーも着こなし方としては気をつけておくといいでしょう。

また、最近ではネク対をせず胸元のボタンを開けるのもひとつのおしゃれです。社内ルールとしてそのようなルールがあるのであれば、まずはそれを確認しましょう。ボタンは開けてはいけないとしているところもありますので、その場合は気をつけておくといいでしょう。ネクタイをつけている場合はひとつだけか、すべてを閉めるようにするのがポイントです。女性の場合はブラウスなどのデザインにもよりますが、一つか二つにしておきましょう。ただし、インナーやアンダーウェアなどが見える場合は特に気をつけておきましょう。一方ネックレスがキレイに見えるということも考えるのであれば、ボタンとNECKLACEが被らないように、ネックレスがシャツやブラウスの中に入り込まないようにすることも気をつけておくといいでしょう。

しっかり着こなして印象アップしてくださいね。