カテゴリー別アーカイブ: 手入れについて

care

手入れは毎日するもの?

春から社会人や大学生となりスーツを着る機会が増えた方もいらっしゃると思います。そこで知らないと困るスーツの着こなし方と手入れ方法についてお話しします。

普段着の洋服と違って、手入れを怠ると虫に食われたり、皺が取れなくなったりしてあっという間に台無しになってしまいます。そうならならないためにも手入れと着こなし方のポイントを両方押さえておきましょう。

まずスーツの着こなし方についてですが、自分の体格に合ったスーツを選びましょう。例えば、厚みのあるがっしりとした体格であれば、肩幅が少しゆったりしたものか、ウエストの締りがあまりない形がきれいに着こなせます。またジャケットとパンツそれぞれのサイズを確認することも大事です。
例えばパンツについては、丈が合っていないと足が短く見えてしまうこともあります。パンツを選ぶときの理想は「靴の甲に裾がかかった時に、軽くくぼむような長さ」と言われています。
またボタンの留め方にもボタンの数によって留め方が異なります。例えば2つボタンですと上だけとめて、下は留めないのが基本です。

そして手入れはどのようにするのかということですが、クリーニングや洗濯などはワンシーズンに1回ぐらいが目安ですが、より長持ちさせる毎日の手入れ方法がいくつかあります。
まずスーツ全体にブラッシングしましょう。目に見えない埃や、ゴミなどが溜まると虫食いの原因にもなります。毛の流れに逆らってブラシをかけ、汚れを掻き出すようにします。そしてそのようにして出てきた埃を落とすように毛の流れに沿ってブラッシングするのが基本的なやり方です。

またスーツは一日着たら休ませるようにしましょう。これも長持ちさせる秘訣の一つです。スーツに使われる代表的な素材は「ウール」です。この素材は湿気を吸収しやすいため、一日着たら、厚手のハンガーに掛けて湿気を発散させるようにしましょう。

またポケットなどにハンカチなどの物を入れたままにしておくと型崩れの原因になるので、着用後は必ずポケットから物を取り出すようにします。

こうした毎日のちょっとした手入れで風合いと長持ち度が変わってきます。ビジネスパーソンのユニフォームというべきスーツを大事にしていきましょう。