カテゴリー別アーカイブ: ちょっと一言

NGなことって?

あなたは正しいスーツの着こなし方を知っていますか?
就活生や新社会人の時にしっかり学ぶ人が殆どでしょうが、それ以外の人も、この機会に正しいスーツの着こなし方を再確認しておきましょう。
まず、ジャケットの腰ポケットに物を入れるのはNGです。せっかくのスーツのシルエットが台無しになってしまいますので気をつけましょう。ジャケットの袖からシャツの袖が見えないのもNGです。シャツの袖が1~2cm出るように、ジャケットを購入する際、シャツを購入する際は気をつけましょう。また、靴下の色はスーツの色に合わせるのが基本です。ネクタイの先端がベルトを下回る位置にあったり、ベルトよりも上の位置にあったりするのはNGです。ベルトにかかるくらいの長さに調節して結びましょう。
この他にもスタイルや格好を良く見せるためにおさえておくべきポイントはたくさんありますので、この機会に学びなおしてみてはいかがでしょうか?

体型が少し変わったら

ビジネスマンにスーツは欠かせません。スーツを着用するときには、注意すべき点があります。それは、体型に合ったものを着用するということです。

着こなし方をマスターしたい場合は、きちんとしたサイズを見つけることが大事です。そのため、太ったりして体型が少し変わったら、スーツも新しくそろえる必要があります。

少し体型が変わるだけで、見た目は変わります。似合わないままのサイズの服を着用していると、見た目がよくありません。窮屈そうに見えてしまい、相手に良い印象を与えません。また、見た目だけでなく、動きにくいといった問題も起こります。仕事をするときに、動きにくいと仕事に集中をすることができません。そうなると仕事の生産率も下がり、悪循環が起きます。

このような問題を回避するためにも、太った場合は、サイズを変更する必要があります。太ったときだけではなく、痩せたときにも同じことが言えます。きちんとしたサイズを着用するのが、正しい着こなし方です。

スーツを着る機会が少なくて

近年、日本国内ではスーツをあまり着る機会が少ない仕事に就いている人が増加しています。特に飲食店や工場、ショッピングセンターなどで働いている人の場合には普段着を仕事着として活用することができるために、数年間もスーツを着たことが無い人がほとんどであるといわれています。

ただし、親族や友人などの結婚式や葬儀に参加する場合には正装の着こなし方が重要となってくるために、日ごろからある程度の知識を身につけることが求められています。社会人としてのビジネスマナーについては職種によって軽視されがちになってしまうことが少なくありません。

最近では普段からスーツを着用する帰化が多い職業に就いている人にとっても着こなし方に自信がない人も増加しています。インターネットサイトや書籍などには一般的なスーツの着こなし方についての情報が取り上げられているために、人前で恥をかくことが嫌な場合にはあらゆる手段を用いて着こなしをマスターする必要があります。

◆favorite site

コツコツ極めよう!初心者のためのゴルフレッスン!

ビシッと決めてみたい

昨今、スーツの着こなし方にこだわりを持っている男性が増加しています。

かつてはサラリーマンとしてオフィスで働いていた人がほとんどでしたが、第三次産業が発達している現代においては職場内でのドレスコードが規定されていない職業に就いている人が増えています。

そうした中、友人の結婚式などで服装について恥をかいてしまったという人が目立っています。スーツをビシッと着こなすためにはある程度の知識が必要となるために、突然スーツを着ることになった場合には事前に予習をすることが欠かせません。また、同時にネクタイの締め方などについても個人差が大きいとされており、誤った装着法が身についている人もとても大勢いるといわれています。

インターネット上の口コミサイトや掲示板などではスーツの着こなし方についての意見交換が活発に行われており、社会人にとっては大きな関心ごとのひとつとして、将来的にも非常に重要なテーマとなるとみられています。

◆favorite site

おすすめドイツ車特集