size

スーツのサイズ感は?

ビジネスシーンで必須になる衣類として挙げられるのがスーツです。
ビジネスの際の正装とも言える存在ですが、ただ単にスーツを着用していれば良いという訳ではありません。大切なのはしっかりと着こなせているかどうかという事ですし、着こなし方ができていないとせっかくのスーツ姿もイマイチの仕上がりになってしまいます。
着こなし方のポイントとして最も大切と言えるのがサイズ感です。サイズが合わないスーツというのはだらしなく見えてしまいますので、購入する際にはしっかりとサイズのチェックを行ってみる事が大切と言えます。

では、どういった部分のサイズに着目しながら選ぶようにすれば良いのかと言いますと、まず大切なのが肩幅です。肩幅が合っているかどうかによって見た目が大きく違ってきますので、試着をした際には肩幅がフィットしているのかという事をチェックしてみる必要があります。
また、肩幅の合っていない場合ですと着心地が良くありませんし、動く際の支障にもなってしまいます。その為、動き難いという時には肩幅が合っていない可能性があります。
反対にフィットするサイズですと動きの支障になる事がありませんし、ジャケットの重さが肩に乗りますので軽い着心地になります。

袖丈のサイズ感も重要なポイントになります。
袖丈は立った時に中に着用しているワイシャツの袖口が1センチから2センチ弱程度見える位のサイズ感が適切です。着用した際に親指の付け根のやや上に袖口がくる位が一つの目安になります。
長過ぎても短過ぎても見た目が大分変わってきますので、細心の注意を払いながら選ぶ事が大切です。

スーツ選びの際にはジャケットだけでなく、パンツ選びも重要になりますが、パンツは基本的に歩いた時に靴下が見えない位の長さにする事が大切です。通常のビジネススーツの場合ですと、靴下が見える状態はあまり見た目が良くありませんので、パンツの試着の際には意識してチェックしてみる必要があります。