leg-wear

足元も気にしないと変になる

一般の企業で働くビジネスマンにとってビジネススーツは必需品です。
街を歩いていて颯爽と歩くビジネスマンを見るとそれだけでも仕事ができる人と思われ憧れの対象ともなりますし、洗練された大人であると同時に信用に値する人物と思われる可能性がある為、たかがスーツですがそれだけのインパクトを与える事が出来るある種特殊な服装がスーツの特徴でもあります。

但し、そういったスーツを着るに当たりそれなりに服装を着る作法というものがあります。
同じ服を着ていても着る人間の品位やその人の着こなし方によっては折角の服装も台無しになってしまいますし、如何に着こなし方が良くても着る人間が中身がスカスカな軽佻浮薄とみなされ誰も見向きもされなくなってしまいますから注意が必要です。

更に大事なことがあります。
スーツなど服装に気を使う人は数多くいるにも関わらず、足元には結構不注意な人が意外と多いのです。足元といっても靴だけではなく当然靴下も足元の範囲に入ります。
社会人になった場合、例えば会社に通勤する場合は白い靴下は基本的には止めたほうが良いとされているにも関わらず背広に誰が見てもバランスが合っていない靴下やタイツを平気で着用していたり、向こう脛がモロに見えているような短い靴下を履いていたりインナーを平気で着ていたり、ロクに磨いてもいないビジネスシューズや靴を履いていたりするのは本当に格好が悪く、折角のビジネススーツも台無しですし良い印象を持たれようとしていた人にも悪印象しか残らない羽目にもなります。

諺で「足元を見られる」という言葉がありますが、足周辺にも気を配っていない社会人ははっきり言って失格です。何故なら、人間の目線は必ず上から下、下から上へ行くものですから必ず足周辺は見られるものなのです。
その為、いつもとは言いませんが、ビジネスシューズや仕事で使用する靴はいつもきれいに磨いておく事で好感度を上げるように努力しましょう。